二の腕やせ・たるみを引き締める効果的な方法とは?
二の腕のたるみが気になる時といえば、
お肌を露出する機会が多くなる暑い季節―夏

冬の間は厚着をして隠れていた部分が春の訪れとともにむき出しに現れてしまいます。

あるいはパーティーなどでノースリーブのドレスと着るときや
なんといっても人生の一大事、結婚式のウエディングドレスを着るときなど。

こんな時は、なんとかして二の腕についた、プルプルの脂肪のたるみをシェイプアップしたいと思いますね。

本当は、一年中気を配って引き締めておくべきなのに
一度油断してついてしまった二の腕の脂肪とたるみ、
なかなか取るのが大変なんです。

そう!
ハードなカロリーコントロールやダイエットをして体重を減らしても
二の腕のたるんだ脂肪ってダイエットだけではなかなかとれないんですよね!

でもこれにはちゃんとしたわけがあるんです。

まずは二の腕の筋肉の構造を知りましょう。

二の腕やせダイエットでたるみを引き締める方法・腕の構造【二の腕】とは、肩からひじまでの部分のことですが、
主要な筋肉は、【上腕二頭筋】【上腕三頭筋】

【上腕二頭筋】は、二の腕の内側にある筋肉で、
腕に力を込めて曲げた時にできる【ちからこぷ】がこれに当たります。

この上腕二頭筋は、物を自分のほうへ引き寄せたり、
物を持ち上げる時に使う筋肉で、【腕を曲げる】時には必ず使います。
つまり意識しなくても日常よく使う筋肉なんですね。

一方、【上腕三頭筋】は、物を自分のほうから差し出す時に使う筋肉で、
何かを【押し】たりする時に使う部分です。
こちらの筋肉はあまり使いません。

そして二の腕のぷるぷるのたるみは、
この上腕三頭筋のたるみが原因なんです。

【ちからこぶ】はしっかりできるのに、二の腕がプルプルしてるのは
まさに上腕三頭筋が少ないからなんです。

体の筋肉が少ないと、脂肪がつきやすくなります。
そして腕にある太い動脈は皮膚に近い部分にあるため、
筋肉がないとこの動脈を守るために脂肪がつきやすくなるんです。

さらに二の腕の内側の皮膚は、薄くて、柔らかいため、
脂肪の重みでたるみやすいんです。

【筋肉を使わない】⇒【衰える】⇒【脂肪がつきやすくなる】⇒【たるむ】

こんな感じで、二の腕に脂肪がついて、たるんでくるんです!
怖いですね~

でも、大丈夫!

逆に言えば、日常あまり意識せずに使わない【上腕三頭筋】を
積極的に鍛えれば・・・・・

この部分に徐々に筋肉がついてきて、脂肪も燃焼されやすくなって、
たるみを引き締めることができるんです。

鍛えるといっても
【筋肉隆々】になるほどする必要はないので安心してくださいね。

女性の場合、男性と違って筋肉がつきにくいので
ボディービルダーのような体になるには特別なトレーニングが必要だからです。

上腕二頭筋を鍛えるエクササイズや体操を過度に行わない限り、
ちからこぶが盛り上がったたくましい腕にはならないはずです。

むしろある程度の筋肉をつけることで、
脂肪がつきにくくたるみにくくなるので、
見た目も細く引き締まって見えるようになるでしょう。

ここでは、自宅で簡単にできるエクササイズ、ダンベル体操、ヨガ、
さらにリンパマッサージで、セルライトやたるみを引き締める方法などを
紹介しています。

夏にタンクトップやかわいいキャミソールの似合う
ほっそりした腕になりたい!

夏が終わっても年末年始、クリスマスなど、パーティーなどで
ノースリーブのドレスを着たい!

または、結婚式を控えていて
ウエディングドレスの似合う、引き締まった二の腕になりたい!

そんなアナタにぜひ、実行してほしい二の腕ダイエット!

継続は力なり!

1日で効果が出るわけではありませんが、
毎日続けることで、たるみは確実に減っていくはずです。

ぜひ、頑張って【タンクトップの似合うかっこいい女】になりましょう!
二の腕やせ・たるみを引き締める効果的な方法とは?